Question

禁煙外来を受診すべきか

20代からたばこを1日1箱吸っています。禁煙を試みたこともありますが、3日が限界でした。禁煙するには禁煙外来の受診しかないのでしょうか。

男性/50代

2022/02/20

Answer

たばこに含まれるニコチンには依存性があり、止めたくても難しいケースが多くあります。たばこの煙には多くの有害物質が含まれますので、禁煙を継続できると健康面と経済面で大きなメリットが得られます。


禁煙の方法は、ご自身で禁煙日を決めて始める方法、薬局で購入できるニコチンパッチやニコチンガムを使用する方法のほか、禁煙外来を受診する方法があり、このうち禁煙外来で処方される内服薬による治療は一番成功率が高いといわれています。


内服薬による治療は、初めはたばこを吸いながら進めることができます。薬の作用によって徐々に喫煙欲求が減っていくため、禁煙する意思さえあれば、無理なく止められる人が多いようです。ほかに服用中の薬がある場合は主治医と相談する必要があります。また、禁煙外来では、禁煙成功後もしばらくは禁煙を継続できるよう支援します。


禁煙に成功した人の多くは、成功までに平均3~4回の失敗経験をしています。あきらめず挑戦することが大切。禁煙外来で治療を受けることも、上手に禁煙を成功させるための選択肢の1つです。一度、ご検討されてはいかがでしょうか。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

関連するキーワード

喫煙
禁煙
依存症
禁煙外来
本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。