Question

乳がん検診で「乳腺内石灰化・乳腺のう胞症」の結果に

乳がん検診で「乳腺内石灰化・乳腺のう胞症」で経過観察との結果でした。これはどのような意味でしょうか? 日常で気をつけるべきことについても教えてください。

女性/30代

2024/02/10

Answer

乳腺内石灰化(マンモグラフィの場合、白っぽくうつる)は、乳腺の中にカルシウムが沈着した状態を指します。石灰化があっても、すべての症例が病気につながるわけではありません。しかし、石灰化が1カ所に集中している場合には、がんの疑いありと判断されることがあり、その場合、精密検査の指示がなされます。ご相談者は経過観察だったので、がんの疑いは低いと判断されたと思います。


また、乳腺のう胞症は、乳腺に液体の入った良性の腫瘍ができるもので、女性ホルモンのアンバランスで起きることがあります。悪性の可能性は極めて低いとされています。


生活面での留意点ですが、乳がんの予防として、たんぱく質や脂肪のとりすぎに気をつけ、禁煙、節酒に努めることが大切です。また、乳房の自己検診を月経開始の5日目から1週間のタイミングで毎月行うことをおすすめします。日頃からご自身の乳房をよく観察し、触れておくことで異常を早期に発見することが可能になります。

ご相談者が乳腺内石灰化や乳腺のう胞症について不安を感じているのであれば、念のため、乳腺外科を受診し、乳腺の専門医の診察を受け、一度よく説明をしてもらうのもよい方法です。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

乳がん
がん検診

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。