Question

起床時の発熱と寝汗が続く

2週間くらい前にかぜを引いたものの軽く済み、今は治っています。しかし朝だけ、37.5℃前後の熱が出て寝汗もあります。熱は起床後、2時間くらいで下がります。なぜ熱が続くのでしょうか?

女性/30代

2023/12/12

Answer

2週間前にかぜを引いたとのこと。からだが回復途上にあれば、体温を調節している自律神経系の一時的な乱れによって体温調節がうまくできず、就寝中に熱がこもって起床時に発熱しているのかもしれません。就寝中の発汗は生理的にもみられる現象で、特にかぜやインフルエンザなどの感染症にかかっている場合は、生理的な寝汗よりもパジャマを着替える必要があるなど、程度が強いことが多いです。


「軽く済んで治っている」とのことですが、自覚症状は治まっていても、身体面ではまだ回復している途中かもしれません。発熱の背景にあるものは多様なため、ご相談内容から判断することは難しいと思われます。一般的に症状が2週間続くようであれば、また発熱と寝汗以外の症状が現れた場合は、受診をおすすめしています。

今後の経過をみて、必要に応じて医師へ相談するなどの対処をされるとよいと思います。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

かぜ
発熱

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。