Question

関節リウマチの原因は遺伝? 予防できる?

手のこわばりがしばらく続いています。関節リウマチの原因には遺伝があると聞き、親族に関節リウマチの人がいるので自分もそうではないかと心配しています。関節リウマチの予防法はありますか? また、診断はどのようにされるのでしょうか。

女性/50代

2023/12/06

Answer

関節リウマチをご心配されているのですね。関節リウマチの患者さんは、日本に70万人以上もいるそうですが、いまだに原因が不明の自己免疫疾患です。ただ、遺伝的な要素、喫煙や感染症などの環境要因が発症や悪化に関与していると言われていますので、予防法としては、日々の健康管理に気をつけて、生活習慣病を予防し、気がかりな症状があるときには早めに受診をして相談をすることだと考えられます。


しばらくの間、手のこわばりの症状が続いているとのことであれば、この機会に一度受診をして、X線検査(レントゲン)や血液検査などを受けてみてはいかがでしょうか。関節リウマチが心配な時の受診先は、膠原病・リウマチ科または整形外科が適切です。


また、診断には基準が設けられています。関節の腫れ、腫れている関節の数、血液検査(炎症反応・免疫異常の有無と程度)、症状の持続期間などから判断をします。

関節リウマチは進行すると、関節が変形し、動かしづらくなるなど、日常生活に支障をきたすことがあります。早期に発見して、適切な治療が行われれば、症状のコントロールができ、病気の進行も抑えられることがわかっています。


回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

リウマチ

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。