Question

禁煙を始めてからすっきりしない症状が続く

禁煙を始めて約1カ月です。倦怠感や強い眠気などがあり、すっきりしない状態が続いています。20年以上にわたる喫煙を急にやめたからなのか、別の病気によるものかがわからず不安です。受診すべきでしょうか?

男性/50代

2023/11/29

Answer

禁煙時にみられるおもな離脱症状は、気持ちが落ち着かない、物事に集中できない、頭痛、からだのだるさ、不眠、眠気などさまざまです。禁煙後3日以内にピークとなり、2~3週間で離脱症状は消失するといわれていますが、症状の出方や感じ方は喫煙量や喫煙年数などによって個人差があります。


禁煙を開始された約1カ月前から、からだがすっきりしないご様子ですね。長年の喫煙習慣の影響もあるので、少し時間がかかっているようにも思われますが、禁煙をきっかけに起こっている症状であれば、今後改善していくと考えられます。しかし、症状が続いていることから、内科(禁煙外来のある)で原因および症状を緩和する対策について相談することがすすめられます。


一般的な離脱症状への対策は、できるだけ睡眠時間をしっかり確保し、可能な範囲で昼寝をする、散歩や体操など軽い運動をする、熱いシャワーを浴びる、カフェイン入りの飲み物を避ける、ぬるめの湯につかる、水分を多くとる、深呼吸をする、可能な範囲で仕事量を調整してゆったりと過ごす、食べすぎないなどがあります。

禁煙をすることは心臓病をはじめ、脳や食道および咽頭がん、肺がんのリスクを低下させるなど多くのメリットがあります。また、さまざまな生活習慣病の発症のリスクを下げるので、着実に禁煙を続けていただきたいと思います。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

禁煙
倦怠感
眠気
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。