Question

妊活中。月経前のイライラ緩和には漢方薬がよい?

月経前のイライラがひどく、症状を緩和させるために、医療機関で当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を処方してもらいました。妊活中ですが、やはりこの漢方薬が最善なのでしょうか?

女性/40代

2023/07/29

Answer

月経前のイライラには、まず漢方薬が使われることが多くあります。代表的なものに、ご相談者が処方されている当帰芍薬散をはじめ、加味逍遥散(かみしょうようさん)や抑肝散(よくかんさん)などが挙げられます。場合によっては、ピルを使い、一時的に排卵を止めて症状を緩和したり、抗うつ剤や安定剤を使うこともあります。


現在、妊活中とのこと。薬剤の影響を受けた精子や卵子は受精能力を失うか、受精したとしても着床しなかったり、妊娠早期に流産として淘汰されると考えられています。また、胎児に影響を与えるのは4週目からといわれているため、この時期までに飲んだ薬は影響ないと考えられ、使う薬に特別な制限はありません。


当帰芍薬散の効能または効果として、月経不順、月経困難、不妊症だけでなく、妊娠中のむくみなどにも効果があるといわれており、妊娠していたとしても安心して使用できる薬とされています。 服用後に症状が落ち着いてきているようなら、このまま継続していただくとよいかと思います。もし、薬の効果をあまり感じておられないようなら、再度、主治医とよく相談されるとよいでしょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

月経トラブル
妊活
漢方
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。