Question

末端の冷えや発汗。更年期障害や低血糖?

自律神経の乱れなのか、特に手首から先と足首から先がとても冷えやすくなり、冷えているのに手のひらと足の裏には汗をかきます。生活のなかで言いようのない不調感が突然出て、動けなくなるなどの不定愁訴があります。更年期障害や低血糖症などでしょうか?

男性/40代

2023/07/09

Answer

人間のからだは、体温を一定に保つために発汗することで体温調節をしています。この生理的な体温調節以外で起こる発汗の原因として身近なものとして、精神的な緊張、更年期障害、自律神経の乱れ、低血糖などがあります。


低血糖の症状は、冷や汗、動悸、不安感、空腹感などが代表的です。

男性更年期の症状は、不安、不眠、あせり、気力の低下、全身倦怠感、精力の減退、発汗、ほてりなどの症状があります。

また、自律神経の乱れとして現れやすいのは、めまい、頭痛、胃腸症状、手足の冷え、発汗など人により異なり、多様なことが特徴です。自律神経の失調は、ストレスや生活習慣の乱れ、環境変化、体質や性格などの原因が複雑にからみ合って起きるといわれ、更年期のホルモン分泌の変化が原因となることもあります。


いずれにしろ、すすめられる体調管理としては、寝不足や不規則な生活を避けること、気分転換をしながらストレスをためないなど、心身に無理のかからない規則正しい生活を送ることが大切です。こうした生活を心がけながらも不定愁訴が続くときは、受診して原因を特定し、今後のケアについて相談することが必要と思われます。できれば一度受診して、必要な検査を受け、病気の有無を確認されてはいかがでしょうか。


診療科は原因により一般内科、内分泌内科、男性更年期外来、心療内科など複数の科が考えられます。かかりつけの内科医があればそちらでもよいと思います。受診先で必要があれば、さらに専門医の紹介を受けられるでしょう。受診時は「いつから」「どんなふうに」「どの程度」「症状を軽くまたは悪くする因子はあるか」「主症状に伴う別の症状があるか」など、心身の様子を率直にお伝えください。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

冷え
内科
心療内科
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。