Question

多忙な時期を乗り越えたものの、強い虚無感

責任の重い仕事を1人で抱え込んだまま、多忙な状態が何カ月か続いていました。何とか忙しい時期を乗り越えたものの、燃え尽きてしまったのか虚無感に襲われています。

夜中に何度も目が覚め、めまいや頭痛も治まりません。いくら食べても満腹感を感じなかったり、急に涙があふれてくることもあります。気分の落ち込みが続き、どこかに行ってしまいたい気持ちになることも。受診したほうがよいのかもしれませんが、何かしらこころの病気を告げられるのが怖く、服薬にも抵抗があります。

女性/40代

2023/03/27

Answer

多忙な時期、心身を削って仕事をされてきたお姿が目に浮かびました。受診することや病名を告げられること、服薬に抵抗感があるのですね。

症状を拝見しますと、早めに心療内科などの受診をしていただくことをおすすめしたく思います。確かに、初めての受診は不安や怖さを感じられる方も多いのですが、実際に受診してみると、心身の状態が楽になり、よい方向に変わるきっかけをつかめることは多いものです。


心のバランスを崩すことは、だれにでも起こりうることで、決してめずらしいことではありません。たとえ何かしらの診断を下されたとしても専門家の元で治療を受けることができます。よく言われるように「心がかぜを引いた」とお考えになって、ぜひ受診を検討されてはいかがでしょうか。服薬についても、初めにご希望をお伝えになり、医師と相談していくこともできるでしょう。


改めて職場に何日かお休みを申請し、仕事のことを忘れてゆっくり睡眠をとられてはいかがでしょうか。また、お仕事への支障を考え、上司や社内の産業医や保健師などの産業保健スタッフにもご相談ができるとよいと思います。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

ストレス
うつ
倦怠感

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。