Question

昼食後の強い眠気。仕事に支障も

ここ3カ月ほど、昼間に耐えられないほどの睡魔に襲われて困っています。特に昼食後にひどくなる傾向があり、午後の会議は不安を覚えるほどです。毎日の睡眠は5時間程度で、週末は若干多く寝ています。ただの寝不足や疲労が原因とは思えず、体重増加や職場のストレスの影響なども疑っています。改善策を教えてください。

男性/50代

2023/01/16

Answer

一般的な目安として、1日に最低5時間以上の睡眠が必要といわれますが、睡眠時間には個人差があります。毎日5時間程度の睡眠をとっていても昼間の眠気があるとのことから、睡眠が不足も考えられると思います。まずは30分~1時間ほど睡眠時間を増やし、1~2週間程度、様子をみることをおすすめします。


仕事で帰宅が遅いなどで睡眠時間を増やすことが難しい場合は、昼休みに5~10分程度の仮眠をとるのも効果的だと思います。一方、休日にいわゆる寝だめをすることは、生活リズムの乱れにつながるためおすすめできません。平日の睡眠よりも2時間程度を限度に長めに眠るくらいにとどめておきましょう。休日に昼寝をする場合は、15時頃までに目覚めるよう設定し、30分前後の仮眠をとるとよいでしょう。


こうした睡眠時間の工夫をしても昼間の眠気が改善しない場合は、医師へ相談するのがよいと思われます。考えられる代表的な病気として睡眠時無呼吸症候群が挙げられます。可能なら同居する家族に無呼吸やいびきなど睡眠中に問題がないか確認してもらい、睡眠時無呼吸症候群などの病気が潜んでいないか病院で調べてもらいましょう。体重の増加も睡眠時無呼吸症候群の要因の1つとされています。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

睡眠
ストレス
睡眠時無呼吸症候群

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。