Question

PET検査は心臓病の診断に有用?

PET検査は心臓病の診断に役立ちますか。

男性/50代

2021/12/21

Answer

PET検査は、虚血性心疾患の診断に有用とされます。保険適用の要件は、「虚血性心疾患による心筋組織のバイアビリティ診断」(他の検査で判断のつかない場合に限る)、「心サルコイドーシスにおける炎症部位の診断」で、心筋梗塞に対する血行再建後の機能的な回復の可能性の判定、致死的合併症を予防するための炎症部位の診断等に用いられます。


虚血性心疾患の診断では、心筋の血流の状態をみるSPECT検査、血管の状態を調べるためのMRI、CT件等と組み合わせることで、より精度の高い診断が可能になっています。ただし、PET検査によって、すべての心臓の異常が発見できるわけではありません。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

がん検診
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。