Question

抗不安薬の服用時にカフェインを摂取してよい?

不安障害のため、半年くらい抗不安薬(ワイパックス)を服用しています。気持ちを落ち着かせるのにお茶やコーヒーをよく飲んでいますが、これらに含まれるカフェインには薬の効果を弱める可能性があると聞きました。抗不安薬の服用中は、お茶やコーヒーは飲まないほうがよいのでしょうか?

女性/50代

2022/12/17

Answer

カフェインは、コーヒーなどに含まれる食品成分の一種で、コーヒー以外にも、緑茶、紅茶、ウーロン茶、栄養ドリンク、エナジードリンクなどに含まれています。適量をとることで、頭がさえ、眠気を覚ますなどの効果がある一方、中枢神経を刺激する作用があり、とり過ぎると心拍数の増加、興奮、胃の不快感や頭痛、不眠などの被害をもたらす場合があります。


海外のおもなリスク評価から、カフェインは、1日400mg(体重1kgあたり3mg:コーヒーをマグカップで約3杯程度)までが「悪影響のない最大摂取量」とされています。


ワイパックスは抗不安薬として、不安、緊張、抑うつなどを緩和させる作用があります。薬をお調べしたところ、併用注意や禁忌事項にカフェインの記載はなかったので、カフェインをとってはいけないということはないと思われます。ただし、カフェインには中枢神経を刺激する作用があり、とり過ぎはよくないと思われるので、一度調剤薬局の薬剤師に相談してみてはいかがでしょうか。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

食事
不安
処方薬

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。