Question

肺がんの母が緩和ケアをすすめられたが……

小細胞肺がんを患う母が抗がん剤治療を受けてきました。しかし、脳に転移し、間質性肺炎がみられるため、積極的な治療が難しく、緩和ケアをすすめられました。このような場合、治療を終えるしかないのでしょうか? ほかに考えられる治療法などがあれば、教えていただきたいです。

女性/50代

2022/12/05

Answer

お母さまの病気についてのご相談ですね。医師から今後の方針を提案され、言葉で言い尽くせない思いがおありのことだろうと拝見させていただきました。肺がんの中でも、小細胞肺がんは進行が速く、転移しやすい特徴があるといわれており、手術が可能な早期に発見されることは少なく、化学療法が治療の中心となります。また、脳への遠隔転移の頻度が高く、脳には抗がん剤が到達しにくいため、その場合は放射線治療を行うことがあります。


これまでの経緯から、主治医はがんのステージだけでなく、ご本人の年齢や体調などを総合的に判断されて、標準治療をもとに治療方針を提案されたと考えられます。一般的にも、間質性肺炎がある場合に抗がん剤治療を続けることで、肺の状態が悪化し、患者さんのQOL(生活の質)を大きく下げてしまうことがあるため、治療に関してもより慎重に進めていく必要があります。


ご相談者におかれても、何とかお母さまの治療に役立つ情報をお知りになりたいというお気持ちがあると思います。今後の方針については、お母さまとご家族のお気持ちを主治医にお伝えし、わからないことがあれば理解できるまで質問し、説明していただくことをおすすめします。

また、がん診療連携拠点病院にあるがん相談支援センターでは、がん専門相談員が、信頼できる情報に基づき、治療や療養生活全般の質問、医療機関情報などの相談を受けています。その病院に通院していなくても、誰でも無料で利用できるので、相談先の1つとしてお考えいただくのもよいかと思います。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

親の悩み
肺がん
がん
治療中
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。