Question

肺腺がんで小細胞がんへの転化がみられたら?

肺腺がんのステージ4と診断されて治療中です。先日治療法の検討のため、生検を行った結果、小細胞がんへの転化が確認されました。非小細胞がんと小細胞がんを併発した場合、一般的にどのような治療法が考えられるのでしょうか?

女性/60代

2022/11/19

Answer

小細胞がんへの転化は、たまにみられる現象です。この場合は、従来の化学療法を行うことが一般的と考えられます。

いろいろな治療方法がありますが、代表的な例としては、カンプトテシン、シスプラチン、エトポシドなどいくつかの薬剤を組み合わせる方法や、アムロビシン単剤での治療などがあります。


患者さんの病状とともに全身状態を考慮し、どの薬剤を選択するかは主治医が判断します。今後の治療方法について、主治医とよく相談されるとよいでしょう。疑問や不安に思うこと、治療を受けるメリットやリスクなどについても、主治医に確認することが大切です。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

肺がん
治療薬

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。