Question

ワクチンの同時接種について

もうすぐ4歳になる子どものことです。日本脳炎と水痘の予防接種を受けるつもりですが、医師から同時接種するかどうか決めるように言われました。同時接種にしたほうがよいですか。

女性/30代

2021/12/21

Answer

日本では、2種類以上の予防接種を同時に行う同時接種は、医師が必要と認めた場合に行うことができます。日本小児科学会では、「ワクチンの同時接種は、日本の子どもたちをワクチンで予防できる病気から守るために必要な医療行為であると考える」として、同時接種をより一般的な医療行為として行っていく必要があるとしています。


同時接種は、生ワクチンと不活化ワクチン、不活化ワクチンと不活化ワクチン、生ワクチンと生ワクチンのいずれの組み合わせでも行われており、諸外国においても一般的に行われています。


複数のワクチン(生ワクチンを含む)を同時に接種した場合でも、お互いのワクチンの有効性が影響し合うことはなく、ワクチンの有害事象(ワクチンを使用したことで生じた好ましくない出来事)や、副反応の頻度が増えることはないとされています。また、接種できるワクチン(生ワクチンを含む)の本数にも、原則制限は設けられていません。


同時接種により各ワクチンの接種率が上昇することで、病気から子どもを早めに守ることができます。また、保護者とっても通院などの時間的負担が軽くなるなどのメリットがあります。なお、予防接種を受ける際には、同時接種、単独接種に関わらず、その必要性や副反応について十分に理解し、わからないことや心配なことは医師に確認するようにしましょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

関連するキーワード

ワクチン
副反応
予防接種
本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。