Question

強いかゆみ。複数の薬が処方され薬の過剰摂取が心配

昨晩、急に皮膚がかゆくなり、翌朝もかゆく、かいていたら赤く腫れて少し熱を持つ感じになりました。受診するとアレルギー反応といわれ、薬が3種類出されました。調べてみると抗アレルギー剤のようですが、何種類も抗アレルギー剤を飲む必要があるのでしょうか。薬の過剰摂取でオーバードーズにならないか不安です。

女性/30代

2022/09/30

Answer

昨夜から急なかゆみが出て、受診したとのことですね。今までにない症状が起こり、戸惑ったり心配になることも多いこととお察しします。


今回は、皮膚のかゆみの症状に対して処方された薬に関する質問ですね。アレルギー反応を原因とした皮膚の掻痒感の治療は、何種類かの種類がありますが、抗ヒスタミン薬はその中でも第一に選択される薬です。

皮膚の掻痒(そうよう)感を起こす代表的な病気であるじんましんを例にとると、処方は1種類の場合もあれば、症状や強さによって複数の薬が処方されることもあります。薬の副作用は、やはり眠気が第一に挙げられ、抗ヒスタミン薬の種類や、また人によっても、副作用の強さに違いがあるといわれます。


通常、アレルギー反応による皮膚の掻痒感は、原因となる物質がわかればそれを取り除き、治療薬を使いながら様子をみていきます。かゆみがあるときにはどうしてもかきたくなりますが、そうすると悪循環になりかゆみが増すので、かくことは控えることがすすめられます。冷たいタオルを当てると症状が和らぐことも多いです。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

アレルギー
オーバードーズ
かゆみ
処方薬
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。