Question

妊活前に準備しておくことは?

妊活前に行ったほうがよい抗体検査や予防接種があれば教えてほしいです。風疹やトキソプラズマはよく耳にしますが、ほかにも抗体があるかどうか調べたほうがよい感染症があれば教えてください。また、抗体がなく予防接種もない感染症の場合、気をつけるしかないというのは本当でしょうか?

女性/20代

2022/09/25

Answer

妊娠を望まれて質問をお寄せいただいたのですね。以下回答させていただきます。


【妊娠前に接種しておきたい抗体検査と予防接種】

一般的に麻疹、風疹、水痘、おたふくかぜにかかったことがない、あるいはかかったことがはっきりしない場合、妊娠前にこれらの予防接種がすすめられています。抗体検査は必須というわけではありません。抗体を持っている人が予防接種を受けても、一般的には副作用の心配がないとされているためです。抗体検査結果を確認してから予防接種を受けるとなると通院の手間や時間もかかってしまうでしょう。主治医と相談のうえ、抗体検査を受けるか、その結果を受けて予防接種をするかなどを決めていただくとよいでしょう。


【トキソプラズマ抗体がない場合の対策】

トキソプラズマ症は、動物を介して感染する感染症です。ペット(猫や鳥)と接触したり、火を通していない生肉を食べたり触ったりすることで、人に感染します。ペットを飼っていて知らない間に感染する(不顕性感染)という人も多いです。以前に感染し、抗体を持つ人が妊娠するのは問題ないといわれています。妊娠してから初感染すると胎児へ影響があるので、妊娠を希望し、ペットとよく接触する人は抗体検査をすすめられることが多いでしょう。抗体検査の必要性は、かかりつけ医や産婦人科などで確認してください。

トキソプラズマの予防接種(ワクチン)は、残念ながらありません。 ご自身で予防をしていくことが大切です。一般的な予防方法については以下の通りです。

●愛猫がトキソプラズマに感染するのを防ぐため、他の猫との接触を避ける(猫を飼っている場合)

●新しい猫を自分の家に入れるのは避ける

●猫のトイレの掃除を妊婦が行うのは避ける(猫を飼っている場合)

●庭いじりや土・砂に触れるようなときには手袋をつけ、手洗いを十分に行う

●生肉を扱うときは、調理器具や手洗いを十分に行う。すべての肉をよく加熱する


【感染症のほかに妊娠前に気をつけておいたほうがよいこと】

健康な状態で妊娠ができるよう、まずは通常の健康管理が大切です。健康診断で指摘を受けている項目がないか、食事や睡眠、規則正しい生活ができているか、再確認をしていただくとよいでしょう。もし、むし歯や貧血、その他の持病などがある場合、それらの治療や管理の仕方について主治医と相談を進めていただくとよく、また婦人科検診等で、婦人科疾患がないかも確認しておくと安心です。

もし、むし歯、貧血、そのほかの持病がある場合は、治療あるいは管理の仕方について主治医と相談をして進めるといいですね。婦人科検診などで、婦人科疾患がないかも確認しておくと安心です。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

妊活
予防接種
抗体検査
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。