Question

不安神経症と頭痛で心配……

数年前に不安神経症と診断され、通院を続けています。もともと頭痛もちで、鎮痛薬を頓服として使っていますが、最近、鎮痛薬を飲む機会が増えています。頭痛が起こりやすいのは月経前ですが、月経不順で2カ月、3カ月おきということも。頭痛と月経不順と不安神経症は関係している可能性はありますか? 総合的に診てもらうことはできないでしょうか? 欠勤が増え、困っています。

女性/20代

2022/09/24

Answer

頭痛と月経の関係についてですが「月経前症候群(PMS)」と呼ばれるものがあります。月経前3~10日の間に続く精神的、身体的症状で、月経開始とともに軽快ないし消失するものをいいます。頭痛以外に、イライラ、のぼせ、下腹部膨満感、下腹痛、腰痛、頭重感、怒りっぽくなる、乳房痛、落ち着かない、憂うつなどの症状があり、女性ホルモンの変動が影響していると考えられています。


月経前症候症は治療によって症状の改善が期待できるので、一度、その可能性を考えて、婦人科を受診されるとよいでしょう。鎮痛薬は不安神経症の主治医に処方されたものでしょうか。まず主治医に状況を伝え、婦人科への受診の件も含めて相談することをおすすめします。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

PMS
月経トラブル
婦人科

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。