Question

前立腺がんの疑い。PSA F/T比とは?

前立腺がんの疑いで検査を受ける予定です。PSA F/T比とは、どのようなものですか?

男性/40代

2022/07/14

Answer

PSAとは、前立腺特異抗原のことで、前立腺がんの検査などで使われている数値です。

このPSAには「遊離型(フリー)PSA」と「結合型PSA」の2種類があります。PSA F/T比とは「遊離型(フリー)PSA;F」が「総PSA(遊離型と結合型のトータル;T)」に占める割合(%)を表した数値です。


PSAは、前立腺がん以外の前立腺肥大症や前立腺炎でも値が上昇します。そのため、PSA F/T比は、前立腺がんと前立腺肥大症などとを鑑別するため指標の1つとして使われています。おもにPSAの数値だけでは、診断がつかないグレイゾーン領域(4~10ng/ml)の場合に有用と考えられています。


一般的に、F/T比が低い場合には前立腺がんの確率が高くなり、F/T比が高い場合には前立腺肥大症などの確率が高くなるといわれています。ただ、基準値は検査方法や検査メーカーによって異なり、25%以上、26%以上、26.6%以上(これらの数値以下、低ければ低いほどがんの確立が高くなります)としているなど、まちまちです。

検査結果の読み方については主治医に直接確認することをおすすめします。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。