Question

髄膜炎菌髄膜炎ワクチンとは?

海外赴任前に髄膜炎菌髄膜炎ワクチンを接種予定です。これはどのようなワクチンですか。日本で受けられますか?

男性/40代

2022/06/28

Answer

髄膜炎菌感染症は、せきなどで人から人に飛沫感染し、髄膜炎や敗血症を起こします。

世界中で発生しており、とくにアフリカの「髄膜炎ベルト」(サハラ砂漠の南方で、セネガルからエチオピア・スーダン)、中近東で流行をくり返しています。そのほか、アメリカやヨーロッパなどでは、寮生活をする学生の間で流行が発生し、問題になることがあります。わが国の発生率は低いです。


髄膜炎菌ワクチンは、多糖体ワクチンと結合型ワクチンが流通していますが、いずれも日本では未承認です。トラベルクリニックなどではワクチンの用意があるので、接種を希望する場合は、事前に問い合わせることをおすすめします。

●多糖体ワクチン

2歳以上の小児に接種が可能です。接種量は0.5mLで、皮下注射します。一般的な副反応は、注射部位の疼痛や発赤などで、アナフィラキシー様症状などの重篤な全身反応はまれです。

●結合型ワクチン

接種量は0.5mLで、筋肉注射します。ワクチンメーカーによって対象となる年齢は異なります。9カ月から55歳まで接種が可能です。一般的な副反応は、注射部位の疼痛や発赤などで、アナフィラキシー様症状などの重篤な全身反応はまれです。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

敗血症
ワクチン
副反応

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。