Question

破傷風の予防接種は何科で受ければよい?

約3週間前に自転車事故に遭い、頭にけがをして病院で破傷風トキソイドの予防注射をしました。あと2回接種するのですが、どこの診療科ですればよいですか?

女性/30代

2022/06/21

Answer

トキソイドというワクチンは、風しんや水ぼうそうの予防のための生ワクチンと異なり、毒素を無毒化しているため、十分な免疫を得るために複数回の接種が必要です。ご相談者のあと2回の予防接種は、1回目の予防接種を受けた医療機関か、一般内科でも受けることが可能です。あらかじめ破傷風の予防接種が可能かについて問い合わせのうえ、受診してください。


接種する間隔は、初回~2回目の接種を4~8週間隔で2回行い、その後、6~18カ月後に1回の追加接種を行うのが一般的です。その後は10年ごとに1回の追加接種を行えば、発症を防ぐ抗体価を保つことができるといわれています。


なお、破傷風のワクチンは、1968年頃から小児の3種混合ワクチン(ジフテリア、 破傷風、百日咳)に含まれています。そのため、この定期接種を受けた人は20歳頃までは効果が持続していますが、その後は予防のためのワクチン接種が必要です。また、1968年以前に生まれた人は、予防接種による免疫がない可能性が高いため、基礎接種と追加接種の合計3回の接種が推奨されています。


過去に接種を受けたことがある場合には、基礎接種は省かれ、追加接種のみとなることがあります。年齢や基礎免疫の有無に応じて、接種の必要回数や間隔が医師から指示されるので、その指示に従いましょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

ワクチン
予防接種

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。