Question

横になると起こる息苦しさの原因は?

最近、横になると胸が息苦しく、脈が少し早くなります。先日は左胸の内側からドンドンと叩かれたかのような衝撃がありました。心臓の病気などが原因でしょうか?

女性/40代

2022/06/11

Answer

動悸や息切れ、息が苦しいなど、いつもと違う症状が起こると「病気では?」と不安になると思いますが、これには心配な症状と、それほど心配のない症状があります。自分の心臓の拍動を不快と感じることを動悸といいますが、心配のない動悸の1つの原因に、ストレスによる緊張が挙げられます。緊張することで、自律神経の交感神経が活発になり、動悸や息切れ、息苦しさを自覚することがあるからです。とくに女性は、更年期といわれる時期に近づくと起こりやすい症状ともいわれています。


このほか、まず心配のないものと考えられている原因に心臓のリズムの乱れ(不整脈)があります。その代表的なものが、脈が一拍抜けるように飛ぶ「期外収縮」や、拍動が速くなる「頻脈」ですが、これは、どのような人にも出ることがあると考えられています。こうした症状は、睡眠不足、疲れ、飲酒、喫煙、不規則な生活などにより、自律神経のバランスが乱れると起こりやすくなるため、生活のリズムを整えて過ごすことが大切です。

脈拍が速くなる原因は、健常者でも不安感や緊張感があるとき、お酒やコーヒーなどを飲んだあと、かぜ気味などによる体調不良、発熱などで一時的にみられることがあり、場合によっては頻脈と呼ばれる100回/分以上になることもあります。


受診が必要なケースは、階段を上るときや急いでいるときに動悸とともに冷や汗、めまい、息苦しさなどが現れる、脈がバラバラに速くなる、いつもと違う症状が続いたり、胸部の痛みがある場合などです。安静時に起こる症状であっても、長く続いたり改善しないときや、不快な感じが強かったり、日常生活に支障をきたす場合には、かかりつけ医または内科で一度診察を受けておくと安心です。安静にしているときにも息が苦しい症状があるといったケースでは、やはり内科で診察を受け、呼吸器や循環器の異常がないかを診断してもらうことをおすすめします。


また、今後大切なことは、職場や自治体などの健康診断を継続して受けることです。昨年異常が見つからなかったとしても、今年も異常がないかを心電図や胸部X線検査などで確認しておきましょう。また、過去の健診結果も確認しましょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

緊張
息苦しい
動悸

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。