Question

おでこと鼻周りの皮脂分泌の改善法は?

おでこと鼻の周りが脂っぽいのが気になっています。また、年齢的に更年期にさしかかりつつあるようで、顔ばかりに汗をかいたりします。顔のTゾーンの脂っぽさを改善するには?

女性/40代

2022/05/09

Answer

皮脂は、皮膚の皮脂腺から分泌され、皮膚の表面を弱酸性に保ち、細菌などから肌を守る大切な役割を担っています。額の中央、鼻やあごの周辺などをTゾーンといいますが、Tゾーンは皮脂腺が発達して皮脂の量が多い場所です。皮脂の分泌は思春期をピークに、年齢とともに皮脂腺が小さくなります。皮脂の分泌が減ることで、多くの場合、脂っぽさは軽減されていきます。


また、肌のコンディションは性ホルモンの影響を受けるため、女性では月経周期との関連性がみられます。月経前と月経中は皮脂の分泌量が増え、皮膚のトラブルが起こりやすくなります。顔によく汗をかくことについては、更年期になると、発汗をコントロールする自律神経の働きに関係する女性ホルモン・エストロゲンの減少により、気温や体温に関係なく発汗やのぼせが起こることがよくあります。とくに、顔などの上半身に汗が出やすくなります。その場合は、たえず汗を拭きとるのではなく、流れるくらいになったら、乾いたタオルでそっと押さえるように拭くとよいでしょう。


肌の脂っぽさは、肌質や生活習慣に左右されます。そのため、それぞれの肌質に応じたスキンケアと生活習慣の見直しなどにより、改善が期待できます。次に挙げるポイントに注意しましょう。


●寝不足にならないよう、規則正しい生活を心がける。睡眠を十分とることで、肌の新陳代謝が促される

●洗顔ができないような日中は、ティッシュペーパーや汗の拭きとりシートなどで軽く押さえ、皮脂を吸いとる

●皮膚をこするなどの刺激を与えないようにし、Tゾーンにはさっぱりタイプの化粧品を使う

●特定の食べ物を極端に制限する必要はないものの、皮脂の主成分のひとつであるトリグリセドの増加を避けるため、油脂を多く含んだ食品、甘いお菓子や飲み物、アルコール、コーヒー、からい食べ物などは控えめにする。また、ビタミンの豊富な野菜や、便秘予防のための食物繊維などを積極的にとって、バランスのよい食事を心がける

●皮脂の分泌を抑えるビタミンB2やビタミンB6を多く含む食品をとる


肌の脂っぽさの改善法を紹介しましたが、もしトラブルがある場合には、皮膚科で相談を。また、顔に汗をかきやすいほかにも更年期症状があるようなら、婦人科を受診しましょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

更年期障害
肌トラブル
更年期
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。