Question

カロテンのとりすぎは肝臓に負担?

野菜不足なので、青汁や野菜ジュースを飲んでいます。カロテンのとりすぎは肝臓に負担がかかりますか。

女性/40代

2021/12/21

Answer

カロテンは植物の色素で、その代表がβ-カロテンです。β-カロテンは、体内でビタミンAに変わります。ビタミンAは過剰に摂取すると、頭痛、脱毛、筋肉痛などの症状が出ることがあります。また、妊娠初期にとりすぎると、胎児に奇形が起こるリスクが高まることが報告されています。


ただし、野菜などの植物に含まれているのは、β-カロテンで、体内で必要な分だけビタミンAに変換されるので、過剰症の心配はありません。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

栄養
ビタミン

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。