Question

ピロリ菌除菌効果を判定する検査は

ピロリ菌の除菌治療をしました。治療後に除菌が成功したかの判定には、どのような検査を行いますか。

男性/50代

2022/01/28

Answer

日本ヘリコバクター学会作成の『H. pylori 感染の診断と治療のガイドライン2016 改訂版』では、除菌治療後の検査には、尿素呼気試験(UBT)と便中抗原測定が有用であることが記載されています。


尿素呼気試験は、まず専用の袋に息を吐いて入れ、検査薬の尿素を飲んだ後、再び別の袋に息を吐いて入れます。簡単な検査で結果はすぐにわかります。便中抗原測定は、便を採取してH.pylori抗原を調べる検査です。


除菌の結果を正しく知るには、検査を行う時期も重要です。上記ガイドラインでは、除菌治療薬中止後4週以降に除菌判定を行うよう推奨しています。あまり早いと偽陰性や偽陽性が出る可能性があるためで、除菌治療終了3カ月以降に行うことが望ましいとの報告もあります。

さらにガイドラインでは、除菌判定について感度・特異度が100%の検査が存在しないことから、複数の診断法を用いることで厳密な除菌判定が可能になる、としています。よって、ひとつの検査で陰性となった場合でも、ほかの検査で確認することがすすめられます。

検査方法によっては、除菌判定前にプロトンポンプ阻害剤(PPI)を服用していると、30~40%に偽陰性になることがあり、除菌判定前には一定期間のPPI休薬が必要です。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

胃がん
がん

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。