Question

ストレートネックとその対処法

肩こりと首の痛みがあり、ストレートネックではないかと言われました。ストレートネックと対処法について教えてください。

女性/40代

2022/01/28

Answer

首の骨である頸椎は、7つの骨(椎骨)が緩やかなアーチ状に積み重なった状態で並んでいます(頚椎の生理的前彎)。1つの椎骨は指の太さ程度で、椎骨と椎骨の間には、椎間板と呼ばれる軟骨組織があり、骨どうしがぶつからないように、クッションの役割を果たしています。そして、頸椎の前後にある靭帯と、その周囲の筋肉が頸椎を支えています。


ストレートネックは、病名ではなく、レントゲン上、首の骨の配列が直線状になることを指します。ほとんどはその人の骨格の問題で、とくに日本の女性は、なで肩で首がまっすぐな人が多いため、なりやすいと言われています。

また、パソコンで作業を行うなど、長時間首を下に向ける姿勢を続けることによって、首に負担がかかり、首を支える筋力が低下して症状がでるのではないかと考えられています。


首の痛み、肩こり、腕の痺れやだるさ、頭痛、頭重感などの症状が現われるまでは、長い期間を要します。そのため、症状の回復にも時間がかかります。ストレートネックだから、症状がよくならないというわけではありません。

レントゲンでストレートネックを指摘された時は、原因となりうる椎間板ヘルニアや頸椎症などの有無を確認する必要があり、MRIなどの詳しい検査を行う場合もあります。受診先は整形外科になります。

治療は、原因となる病気がなければ、対症療法になります。痛みが強い場合は、消炎鎮痛剤の内服や外用薬を使い、症状が落ち着けば、筋肉の緊張をとるなどのリハビリを行います。


ストレートネックは予防が大切ですので、普段の生活習慣、とくに座り方や長時間の同じ姿勢を避けることが大事です。

首の後ろの筋肉を鍛える運動を行ったり、パソコンでの作業中は30分ごとに首を回したり反らしたりして、筋肉をリラックスさせましょう。また、パソコン画面との距離は40cm以上あけ、画面を覗き込まないように、視線は下向きになるように、椅子の高さを変えたりすることも効果的です。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

肩こり
頭痛
整形外科
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。