Question

高齢者とのコミュニケーションでの配慮

高齢者とコミュニケーションをとる際に、配慮すべきことはありますか。

女性/50代

2022/01/28

Answer

高齢になると、記憶力や情報処理速度、新しい場面への適応力は低下していきますが、言語の量や情報量は保たれています。つまり、理解ができないのではなく、得た情報を処理し、理解に至るまでに時間がかかるのです。


そこで高齢者とコミュニケーションをとる際には、次のようなことに配慮するとよいと考えられます。

●“低い声”で“はっきり”、そして、“ゆっくり”話しかける

●反応が返ってくるまで、ゆっくり待つ

●伝える内容はコンパクトにして、たくさんの情報を一度に盛り込まないようにする

●丁寧すぎる言い回しはかえって伝わりにくいことがあるので、相手の反応を見て端的な言葉で伝えてみる

●目線の高さや向き合う姿勢にも気を配る

●騒がしい場所では聞き取りにくさが増すことがあるので、環境を確認する

●補聴器やメガネを活用できていない場合には、その理由を確認してみる

●表情や動作、声の抑揚など、「非言語」の情報も読みとるように心がける

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

コミュニケーション
親の介護
高齢期
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。