Question

高齢期の口腔ケアが重要な理由

高齢者の口腔内の健康を守る上での問題点を教えてください。

女性/40代

2022/01/28

Answer

口は「食べる」「呼吸する」「言葉を話す」「顔の表情をつくる」などの働きがあり、いずれも生活していくうえでとても大切な機能です。

高齢者の口腔内で問題になるのは、加齢により歯や歯周組織、舌や粘膜の状態が変化することに加えて、入れ歯や差し歯などの義歯が合っていないこと、口腔ケアができていないことなどです。


口腔ケアができていないと、細菌が繁殖したり、咀嚼の機能が衰えたりします。

とくに、細菌の塊である歯垢は、むし歯や歯周病の直接的な危険因子であるだけでなく、全身疾患(敗血症、感染性心内膜炎、誤嚥性肺炎の原因になる、心臓病や脳卒中のリスクを高める、糖尿病を悪化させるなど)を引き起こす可能性が高くなります。また、咀嚼の機能が衰えると、低栄養になることが心配されます。


定期的に歯科医師の診察を受け、口腔内の健康を守ることが長寿につながります。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

肺炎
高齢期
介護予防
口腔ケア
嚥下障害
入れ歯

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。