Question

下剤を使わずに便秘を予防する方法

介護中の高齢者が便秘気味です。下剤を使わずに便秘を予防する方法を教えてください。

女性/40代

2022/01/28

Answer

便秘を予防するためには、規則的な食事や生活、動ける人なら適度な運動が大切です。

食生活の面では、充分な水分摂取と繊維質の多い食事をとるように心がけてください。

やわらかい繊維性に富む新鮮な野菜や果物、煮豆や卯の花には繊維が多く含まれているので積極的にとります。

ハチミツや水あめの糖質は、便をやわらかくする作用があります。海草、こんにゃく、寒天類は腸に刺激を与え便通を促します。

排便する際に必要な腹圧を高めるため、腹筋運動や腹式呼吸を行うこともいいでしょう。こうした運動は腸管機能を改善し、便秘の改善につながります。

また、排便を習慣づけることも大切です。朝食後には必ずトイレに行き、排便を試みるようにしましょう。その際、温水洗浄便座があれば、排便前に温かい水流で肛門をマッサージすることで排泄が促されることもあります。

便秘になると、比較的容易に下剤が処方されます。ただし下剤の常用は、排便のリズムがくずれ、一度に大量の排便があっても、すぐに便秘と下痢を繰り返すようになってしまうことがあるので注意が必要です。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

便秘
高齢期

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。