Question

カビが感染症や中毒の原因になる?

カビの健康への影響について教えてください。

女性/40代

2022/01/28

Answer

カビが健康に与える悪影響として、「感染症」「アレルギー症」「中毒」の3つがあげられます。

感染症には、水虫、ゼニタムシ、インキン、シラクモなどの皮膚糸状菌症、カンジタ症、アスペルギルス症などがあります。

健康なときは清潔を保つなど、基本的な感染症予防を心がけていれば、ふだんの生活の中であまり神経質になる必要はありません。しかし、何らかの原因で抵抗力や免疫力が落ちていると、感染しやすくなります。

アレルギー症では、小児気管支ぜんそく、過敏性肺炎、アレルギー性鼻炎などがあります。

カビが放出した胞子を吸い込むことで、さまざまな症状を起こします。アレルギー症は、抵抗力や免疫力の低下に関係なく発症することがあります。

中毒には、発がん性のあるアフラトキシンによるものや、真菌中毒症などがあります。

細菌やウイルスのように、食べてすぐ嘔吐や下痢を起こす急性の中毒は、あまり起こりません。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

アレルギー
食中毒

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。