Question

降圧剤とグレープフルーツジュース

血圧の薬とグレープフルーツジュースを一緒に飲んではいけないと聞きました。なぜですか。

女性/50代

2022/01/28

Answer

高血圧の治療薬の中には、グレープフルーツジュースと一緒に飲むと薬の効果が強くなりすぎたり、副作用が出てしまったりするものがあります。代表的なものがカルシウム拮抗剤と呼ばれる薬で、薬剤名でいうと例えば「カルブロック錠」「アテレック錠」「アダラートL錠」「ワソラン錠」などです。


通常、薬は小腸で吸収されたあと、肝臓に運ばれて分解され、体外に排出されます。カルシウム拮抗剤の場合、この分解、排出を促す働きをするのがチロクロームP450という酵素ですが、グレープフルーツジュースの中には、チロクロームP450の働きを抑えてしまう成分(フラノクマリン類 )が含まれているのです。そのため、薬がうまく排出されず、体内にとどまるため、効果が強く出すぎてしまうことがあります。


ちなみにカルシウム拮抗薬の中でも、ジルチアゼム塩酸塩(薬剤名:ヘルベッサー錠)はグレープフルーツとの相互作用はないとされています。アムロジピンベシル酸塩(薬剤名:アムロジン錠)はグレープフルーツとの相互作用は少ないというデータはありますが、添付文書の併用注意にはグレープフルーツの記載があるため、摂取しないほうがいいでしょう。


カルシウム拮抗剤のほかにも、免疫抑制剤、脂質異常症の治療薬、睡眠薬、抗血小板薬、抗てんかん薬などの中にも、グレープフルーツジュースと一緒に飲んではいけない薬があります。さらに詳しく知りたい場合は、かかりつけ医、あるいは薬剤師に相談されることをおすすめします。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

高血圧
高血圧症
血圧
副作用
薬 飲み合わせ
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。