Question

子どもに解熱剤を使用する際の注意点

子どもがインフルエンザや、みずぼうそう(水痘)にかかった場合、解熱剤を慎重にしなければならないのはなぜですか。

男性/30代

2022/01/28

Answer

インフルエンザや水痘などのウイルス感染後にアスピリンを使用すると、ライ症侯群をひきおこすおそれがあるため、子どもへの使用は原則禁忌となっています。また、非ステロイド系解熱剤のうち、ジクロフェナクナトリウム、メフェナム酸は、インフルエンザ脳症を悪化させる因子と考えられているので、使用しないほうが無難とされています。


子どもがインフルエンザや水痘にかかったときに使用する解熱剤は、アセトアミノフェンの使用が推奨されています。市販薬や手元にある薬を使用する場合は、成分をよく確認することをおすすめします。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

発熱
発育

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。