Question

B型肝炎患者とその家族が気をつけること

同居している弟がB型肝炎患者です。本人だけでなく家族で気をつけることは何でしょうか。

女性/50代

2021/12/21

Answer

B型肝炎ウイルスは、血液や体液を介した感染です。 通常は経口感染は起こらないとされていますし、食器やコップを共有することでも感染しないといわれています。

B型肝炎ウイルスを保菌している人(無症候キャリア)または、肝炎を起こしている人は、以下のことを注意しましょう。

(1)血液や分泌物がついたものは、むき出しにしないで包んで捨てる。または流水でよく洗い流す。

(2)外傷、皮膚炎、鼻血などはできるだけ自分で手当をし、処置後は、手指を十分い流水で洗う。また他の人の手当を受ける場合には、手当する人が血液や分泌物をつけないように注意してもらう。

(3)かみそり、歯ブラシ、タオルは自分専用にして、他人との貸し借りはしない。

(4)排尿、排便後は流水でよく手を洗う。

(5)食器の洗浄、衣服の洗濯、入浴は通常通りで問題ない。

(6)献血はしない。

明らかに血液がついてしまった場合には、捨てられるものは捨て、そうでないものは、0.5%次亜塩素酸を十分染み込ませたガーゼでよくふき取り、通常の洗浄を行うとよいと思います。


家族や介助者がB型肝炎ウイルスに感染しないようにするには、以下のことを注意しましょう。

(1)医療器具の共用を避ける(鍼、注射器など)

(2)直接、血液に接するような器具の共用を避ける(入れ墨、ピアス、かみそり、歯ブラシなど)

また、家族にB型肝炎患者ないしはキャリアがいる場合は、家族全員にHBワクチンの予防接種を行うことが推奨されます。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

肝炎

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。