Question

生牡蠣による食中毒の可能性

下痢やおう吐がありますが、2日前に食べた生牡蠣による食中毒の可能性がありますか。

男性/40代

2021/12/21

Answer

腹痛や下痢、おう吐などの症状が急に現れたとき、疑われる病気の一つが食中毒です。食中毒の原因はさまざまですが、細菌やウイルスによるものが多くを占めます。


ノロウイルスに汚染された食品(生牡蠣などの二枚貝が代表例)から感染する「ノロウイルス感染症」は、冬に多く見られます。潜伏期間は12時間から48時間、主な症状はおう吐、下痢、腹痛です。軽く発熱することもありますが、通常、血便は見られません。健康な成人では症状が1、2日続き、その後回復に向かいます。感染しても症状が現れない場合もあります。これを不顕性感染といいます。


食中毒を発症するかしないか、症状の程度、経過などは、からだの中に入った原因であるウイルスや細菌の種類と量、それから感染した人の免疫力や健康状態などによって異なります。


下痢、おう吐などの消化器症状が激しい、もしくは症状が続く場合は医療機関を受診して、症状と経過、食べたものや疑わしい食品を伝えましょう。病気を治療中の方は病名や受けている治療についても医師に伝えてください。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

食中毒
ノロウイルス

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。