Question

発汗が多く困っている、対策を知りたい

通勤で歩くと汗が出て、汗を拭きながら駅まで歩いています。最近は季節に関係なく毎日で、特に夏は憂鬱です。対策はありませんか。

女性/40代

2021/12/21

Answer

発汗には、暑いときや運動で上昇した体温を下げるための「全身性発汗」と、恐怖や緊張、興奮など強いストレスを受けたときに手のひら、足の裏、額、脇の下などからの発汗のほか、香辛料の多い熱い物を食べたときに顔面や頭皮など、からだの一部分に多くの汗をかく「局所性発汗」があります。更年期の女性が、顔などの上半身に急激に汗をかくホットフラッシュは局所性発汗の例です。そのほか、全身に発汗が多くなる甲状腺などの内分泌代謝系の病気が背景にある場合もあります。


体温調節のための発汗は、皮膚で蒸発する気化熱で体温を下げる機能なので、汗を拭きとってしまうと体温が下がらず、発汗が止まりにくくなります。


次のような対処がよいでしょう。

・汗を多くかいたら乾燥したタオルで軽く拭く

・汗のにおいが気になる場合は、湿ったタオルで吸い取るように軽く拭く


そのほかの対処は以下の通りです。

・衣類は、吸水性がよく、速乾性と通気性がよいものを使用する

・首筋、腋の下、ソケイ部(下腹部と大腿の境目)、手首などの皮膚の近くに大きな動脈が通っている箇所を保冷剤などで冷やす

これにより、冷やされた血液が全身を循環して体温を低下させ、汗が減少するといわれます


工夫しても発汗が多く生活に支障がある場合は、原因によっては医師の治療により改善することもあるので、内科や皮膚科への受診も選択肢のひとつです。また、更年期の女性は、婦人科で更年期障害の治療を受けることで軽快する場合もあります。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

多汗
におい

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。