Question

滲出性中耳炎で長く服薬、大丈夫?

3歳の子が保育所に通い始めてから、中耳炎を繰り返します。今は滲出性中耳炎で抗生物質を飲んで1カ月ですが、他の治療方法はないのでしょうか。

女性/30代

2021/12/21

Answer

滲出性中耳炎は鼓膜の奥にある中耳腔(鼓室)に滲出液がたまり、聞こえが悪くなる病気です。急性中耳炎が治癒せず、浸出液が残って発症することが多く、小児期は耳や鼻の機能が未熟なため、容易に再発を繰り返します。


治療は、お子さまに聴力低下がないか、長く続いていないかを把握して方法を考えます。通常の治療は、中耳腔にたまっている滲出液を取り除いて聞こえを改善する、耳とつながる鼻やのどの病気を治療して耳への影響を最小限にする、これを並行して行います。


軽症の場合は薬物治療や、鼻から耳に空気を送る処置を行います。薬物療法は、一部の抗菌薬を少量、長期間投与すると治療効果が期待できるので、原則3カ月程度を目安に一定期間服用します。3カ月程続けても効果を感じない場合は、主治医と治療について改めて相談してもよいでしょう。


聞こえの状態がよくない場合は、鼓膜を少し切開してたまっている滲出液を吸引し、聞こえの改善をはかります。切開は数日ほどで自然に閉じますが、くり返す滲出性中耳炎は、鼓膜にチューブを留置して、中耳の風通しがよい状態を維持します。薬物療法や鼓膜切開などで軽快しない滲出性中耳炎への改善が見込める治療方法です。通常、中耳から奥は鼓膜により外界から隔てられているため、水などが侵入することはありませんが、治療のため鼓膜にチューブを留置した場合は、入浴やプールなどに注意する必要があります。日常生活で気をつけることは、主治医に確認しましょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

関連するキーワード

中耳炎
3歳
本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。