ねんざ、脱臼、肉離れ

最終編集日:2022/3/30

手足に大きな力がかかることで起こるねんざや脱臼、肉離れでは、患部を冷やすことと固定することが重要です。

受診の目安

救急車を呼ぶ・ただちに医療機関を受診

・がまんできないほど痛みが強い
・肩やひじなどの大きな関節を脱臼した
・痛めた部分が変形している


医療機関を受診

数日たっても次のような症状がある場合は受診を検討します。
・痛みが治まらず、患部を冷やしても改善されない
・患部の腫れが引かない


様子をみる

・時間とともに痛みが弱くなってきた
・患部の腫れが引いてきた


セルフケア

関節周りに大きな力がかかることで起こるねんざや、関節が外れてしまう脱臼、筋肉を包む膜が切れてしまう肉離れを起こしたときには、できるだけ患部を動かさないようにすることが大切です。
痛みが強く、患部が腫れている場合にはタオルで巻いた氷のうなどで冷やし、包帯や医療用テープなどを使って患部を固定します。骨折を伴っていることもあります。肩などの大きな関節を脱臼した場合には三角巾などで、うで全体を固定しましょう。
その後は安静な状態を保ち、痛めた部分に負荷がかかる動作をしないようにします。痛みが長引く場合には医療機関を受診しましょう。

監修

東京医科大学 医学教育学分野 准教授 東京医科大学病院 総合診療科

原田芳巳

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。

この傷病に関連したQ&A

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。