尋常性白斑

じんじょうせいはくはん

最終編集日:2022/10/31

概要

尋常性白斑は皮膚のメラニン色素がつくられなくなり、皮膚の色が白く抜けてしまう病気です。

かゆみや痛みはありませんが、全身どこにでも生じる可能性があり、髪の毛にも脱色症状が出ることがあります。

命に危険を及ぼすことはなく伝染もしませんが、まだら状に皮膚が白くなるため審美面の問題が生じることが多く、精神的なケアが必要になるケースがあります。

原因

皮膚や髪の毛の色を決めるメラニンと呼ばれる色素は、メラノサイトという細胞によってつくられます。そのメラノサイトが何かしらの異常をきたすことで、十分な量のメラニンがつくられなくなり、発症します。自己免疫の異常、ほかの病気(アジソン病,糖尿病、悪性貧血、甲状腺疾患)、遺伝などがかかわると考えられています。

症状

皮膚の色が白く脱色する症状が現れます。かゆみや痛みはありませんが、からだのあらゆる部位、とくに日光に当たりやすい手や足、顔などに多くみられます。髪の毛に症状が出ると白毛になります。

年齢に関係なく発症し、白斑の部分はくっきり色が分かれていることが多く、円形や帯状、複数連なって大きく広がるなど、さまざまな現れ方をします。そのため脱色の進行を予測することはむずかしいです。

また、外見上の変化が激しいため審美的な問題が大きく、精神的ストレスをひき起こします。


検査・診断

おもに視診と病歴で診断が行われます。ただし、サットン母斑や感染症など似たような症状が現れる病気もあるため、判断がむずかしい場合は、必要に応じて、採血、真菌検査、皮膚生検などが行われます。

治療

塗り薬、光線療法、手術などが検討されます。

・塗り薬

ステロイド、活性型ビタミンD3、タクロリムスなど

・光線療法

ナローバンドUVB照射療法、エキシマレーザー/ライト照射療法

・手術

皮膚移植など


セルフケア

療養中

白斑の部分は、日光に当たると強く日焼けすることがあります。常に紫外線から肌を守る意識をもちましょう。

白斑を目立たなくするカモフラージュメイクは、精神的苦痛を和らげ、生活の質(QOL)を保つうえで有効な対策とされています。取り入れている医療施設も多いので、主治医に相談してみましょう。


監修

関東中央病院 皮膚科 部長

鑑慎司

この傷病に関連したQ&A

関連する病気

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。