頰の腫れ

最終編集日:2024/1/19

概要

頰の腫れの原因は、おもに流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)か、蜂窩織炎(ほうかしきえん)、丹毒、腫瘍などですが、う蝕(むし歯)が原因のケースもあります。う蝕と判断できる場合は歯科医院を受診し、治療を行いましょう。

流行性耳下腺炎は耳下腺に、ムンプスウイルスが感染することで発症する病気で、子どもに多いように思われていますが、大人もかかる病気です。人から人にうつる病気で、おもな感染経路はせきやくしゃみなどによる飛沫感染と、ウイルスが付着した手で口や鼻に触れる接触感染です。

また、流行性耳下腺炎の場合は両頰が腫れる場合と片側だけが腫れる場合があり、耳から頰にかけての腫れと高熱や激しい痛みが徐々にひどくなっていきます。症状が疑われるときは早めに内科か耳鼻咽喉科を受診する必要があります。

頰の腫れのそのほかの原因としては、皮膚に生じた傷などから細菌が入る蜂窩織炎や丹毒、ときには悪性腫瘍などの可能性もあります。

受診の目安

救急車を呼ぶ・ただちに医療機関を受診

・高熱がつづいている

・頰の腫れや痛みがひどい

・全身に倦怠感がある

医療機関を受診

・頰の腫れがだんだん大きくなっている

・痛みがつらくなっている

・高熱が出ている

・口が開けにくい

・けがの傷や、やけどなどに心あたりがある

様子をみる

・頰が腫れてきている

セルフケア

腫れ方や症状にはその原因によって違いがあるため、いずれにしても早めに受診して医師の診断を受けましょう。

考えられる病気

監修

宮川病院 内科部長

宮川めぐみ

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。

関連するキーワード

おたふくかぜ
腫れ
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。