Question

尿酸値を下げる方法

半年前の健康診断で尿酸値が7.6mg/dLと基準値を超えていました。そのため、飲酒を控え、平日は30分程度の運動を続けてきました。しかし、先月の検査で7.5 mg/dLという、ほぼ変わらない結果でがっかりしました。薬を飲まないと改善できないのでしょうか? 半年先の健康診断までに何とか数値を改善したいと思っています。生活上の注意点を教えてください。

男性/50代

2024/03/01

Answer

尿酸値が高めの状態(7.0 mg/dL以上)が続くと、高尿酸血症と診断されます。一般的に、尿酸値が高いだけの「無症候性高尿酸血症」であれば、服薬治療は行いません。発作が起きたり(痛風発作)、生活の中で注意しても尿酸値が下がらないような場合は、治療を考える必要があります。

ご相談者は健診の結果から考えると、すぐに治療が必要な状態ではなさそうです。生活面で気をつけながら過ごし、定期的な血液検査で数値の変化をみていくとよいでしょう。生活改善のポイントとしては、次のようなものが挙げられます。


●体内の尿酸のうち、食品のプリン体が分解されてできるものは約20%で、残りの約80%は体内の代謝によるものです。プリン体の多い食品を減らすことも必要ですが、第一のポイントは総エネルギー量を抑えることです。

●尿酸は尿が酸性に傾くと溶けにくい性質があるため、尿をアルカリ化しやすい野菜や海藻類などを多くとることをおすすめします。

●アルコールがからだの中の尿酸を増やすため、飲酒は適正量(ウイスキーならダブル1杯、焼酎なら120mL程度)を守り、休肝日は週2日以上が理想的です。

●水分が不足すると、血液が濃くなり尿酸値も高くなります。尿量を増やすと体内の尿酸が体外へ排出されやすくなります。1日2Lを目安に水分を摂取します。

●尿酸値を下げるには、ウォーキング、水泳などの有酸素運動が効果的です。1回20分以上の運動を週3回以上行います。瞬発力を要する運動や筋肉強化運動は、尿酸値が高くなることがあります。

●ストレス解消法を見つけ、リラックスする時間を作りましょう。


2回目の検査で数値が少し改善されていますね。それだけでもすばらしいことだと思います。短期間に劇的に数値が下がるようなものではありません。今のモチベーションを維持して生活改善を継続し、次回の健康診断にベストな状態で臨んでください。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

関連するキーワード

尿酸値

関連する病気

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。