Question

手探りで仕事を進める毎日に心身が消耗

昨年、人員削減があり、審査部門から未経験の窓口業務に配属されました。仕事量は倍になり、業務に詳しい社員もいないなか自力で何とか対応してきました。しかし心身ともに疲れ果て、最近は訳もなく涙が出て落ち込むようになりました。上司に相談しても「皆、同じように苦労している」と言われ、今後もこの状況が続くと思うとつらいです。どのように気持ちを強く保っていけばよいでしょうか?

男性/30代

2024/02/13

Answer

ご相談者の状況から、自身の努力や受け止め方などで対応するには、少し無理があるように感じました。いくら気持ちを保とうと思っても、実際の仕事の状況が改善しないと、つらさは続いてしまうのではないかと思います。


この場合はやはり上司への相談が必要ですが、これまでの相談では上司にご自身のおかれている状況が十分に伝わっていない様子です。方法としては、相談の仕方を変えてみる、それでも難しいならば、さらに上の上司へ相談してみることが考えられますが、いかがでしょうか。

相談の際のポイントとしては、数字などを使ってできるだけ具体的に現状を伝えるとともに、今の状況がどう変わればよいのかという希望を伝えることが大切になります。「この点をこうしてほしい」「この部分はできるがこれはできない」など、具体的にはっきりと話をして、改善点を明確にするとよいかもしれません。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

職場の悩み
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。