Question

子宮頸がんの細胞診の結果が気になる

子宮頸がん検診の子宮頸部細胞診の診断結果が「NILM:非腫瘍性所見。炎症」で異常なしの判定でした。しかし、炎症のある点が気になっています。これが異常の原因となることがあるのでしょうか?

女性/30代

2024/02/08

Answer

子宮頸部細胞診の結果に関して、異常なしと判定されているが、炎症があるとの診断で心配されているとのこと。

これまで子宮頸がんの検査結果は、5段階にクラス分類されていましたが、微妙な異常を分類できず、見落としにつながることもありました。そのため、現在はベセスダシステムに基づいた新しい分類が推奨されています。


新しい分類のクラス分けの1つで「NILM」とは、Negative for Intraepithelial Lesion or Malignancyの略で「異常なし」という意味です。これは、正常または正常範囲内という結果になります。正常範囲内とは、細胞における変化がみられるものの、炎症・萎縮・刺激などによる良性変化を指します。

そのため、今回の結果については、炎症がみられるが心配はないと解釈いただいてよいでしょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

子宮頸がん
がん検診

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。