Question

溶連菌は大人にも感染しますか?

溶連菌感染症は大人にも感染しますか? 気づかずに治療が遅れるとどうなりますか?

男性/40代

2024/01/09

Answer

溶連菌感染症(A群溶血性レンサ球菌咽頭炎)は、5~15歳の学童期の子どもによくみられる感染症ですが、大人でも感染する可能性があります。大人が感染した場合にも子どもと同様の症状がみられます。代表的な症状は、38℃以上の発熱、のどの痛みや扁桃炎、頸部リンパ節の腫れなどです。ただし、大人の場合は子どもと比較すると症状が軽く、溶連菌感染症と気づかないことも多いようです。


感染した場合、1週間程度で症状が改善することがほとんどですが、中には「猩紅熱(しょうこうねつ)」「リウマチ熱」「急性糸球体腎炎」といった疾患を引き起こすことがあります。これらの疾患は、腎臓や心臓に重篤な影響を及ぼすことがあるため、周囲に流行状況があり、気になる症状がある際には、早めに受診をして、適切な治療を受ける必要があります。治療が遅れたり、適切でない場合には、これらの疾患のリスクが高まる心配があります。


治療には、抗菌薬が使われます。ほとんどの場合、適切な抗菌薬を使用すると24時間以内にほぼ確実に菌がなくなり、感染力が急激に弱まることが分かっていますが、たとえ症状が改善しても、処方された抗菌薬は最後まで確実に飲み切ることが必要です。

また、溶連菌にはワクチンがありません。日頃から手洗いやうがい、マスクの着用といった感染予防を行うことが大切です。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

溶連菌感染症
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。