Question

象牙質がむき出しだとむし歯になりやすい?

治療した前歯の、歯と詰め物の境目が変色したため、その部分を削り取りました。しかし、象牙質がむき出しになっていて、むし歯になりやすいのではないかと心配です。表面に詰め物をするなどしなくていいのか、アドバイスをお願いします。

男性/30代

2023/12/18

Answer

一般的に象牙質がむき出しの場合、部位によっては詰め物ができない、または詰め物をすることで日常のケアがしにくくなり、かえってむし歯になる可能性が高くなるなどの理由により、そのままになっている可能性があります。

表面に詰め物をしたほうがいいかについては状態によりますが、一般的に前歯の治療では、元の歯と同じ色や形状にするためにコンポジットレジンやセラミックスなどがよく用いられているようです。今回のご相談者の状況から、これらのようなものを使用するほどの状況ではないのかもしれませんが、ご参考までにお伝えしておきます。


また、なくなった部分のエナメル質は再生しないため、状況に応じて詰め物をすることはあります。一般的に、象牙質がむき出しになっていると、エナメル質よりもむし歯になりやすいといわれていますが、とくにむし歯ができやすい部位はプラーク(歯垢)のつきやすいところで、ケアしにくい部位(へこみがある部位、歯の根元、歯と歯の間)です。

ご相談者の場合、そのままのほうが今後歯を長持ちさせるのによいと判断されたのかもしれません。かかりつけの歯科を再度受診され、詰め物やかぶせ物をする必要はないのか、治療の選択肢はあるのか、象牙質がむき出しになっている状態なのか、今後どのようなことに気をつけたらよいのかなどについてよく相談されることをおすすめします。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

むし歯

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。