Question

歩行困難となった親の介護手続きの進め方

実家の父が脳梗塞で倒れ、足にまひが残って歩行困難な状態となりました。現在、リハビリに通っていますが、母が1人で面倒をみるのは厳しく、公的サービスを利用したいと思います。どのように進めたらよいでしょうか?

男性/50代

2023/12/03

Answer

実家のお父様が脳梗塞の影響で、足にまひが残ってしまい、今後の対策について悩んでいるとのこと。

まず、ご両親の状況から介護保険などの社会資源をうまく活用していくことが必要だと思います。介護保険サービスの利用にあたっては、両親がお住まいの自治体の窓口で介護認定の申請手続きをし「介護が必要」との認定(要支援または要介護)を受けることが必要です。その後、ケアマネジャーを決め、どのようなサービスを使いたいか、どのようなサービスが必要かなどを担当のケアマネジャーに相談しながらケアプランを作成し、それに基づきサービスを利用します。


利用できるサービスについては、介護の度合いによって異なります。自治体によっては介護保険とは別に、追加で高齢者が利用できる独自のサービスを行っている場合もあります。

まず両親の居住地の介護保険課や地域包括支援センターに相談するとよいでしょう。地域包括支援センターでは、高齢者の各種相談に幅広く総合的に対応しています。高齢者への対応の仕方や必要なサービス・制度に関する相談も可能なので、ぜひ利用してみてください。両親の居住地にある地域包括支援センターの所在地や連絡先は、自治体の介護保険課で確認できます。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

脳梗塞
麻痺
介護認定
親の介護

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。