Question

クレアチニンとeGFRの数値が基準値外に

健康診断の血液検査でクレアチニンとeGFRの数値が基準値から外れていて、要再検査の結果でした。これらの数値が上がる(または下がる)原因や、再検査の受診先を教えてください。

男性/40代

2023/10/17

Answer

クレアチニンeGFRは、ともに腎機能を評価する検査項目です。

クレアチニンは、血液中の老廃物の1つで、通常は腎臓で代謝され、尿に排出されます。しかし、腎臓の老廃物の排泄機能が低下すると、クレアチニンが排泄されにくくなり、血液中に増加します。腎臓の病気以外に、薬物の影響や脱水などでも上昇します。筋肉量に比例するので、筋肉量の多い人は高値になります。日内変動があり、肉食後にも上昇するので、早朝空腹時が最も低値になります。なお、アルコールのとりすぎも、たんぱく質の吸収をよくするため、クレアチニン値の上昇に影響するといわれます。

腎機能をより正確に表すeGFRは、クレアチニン値、年齢、性別から推算され、値が低いほど腎機能が低下していることになります。


健康診断で腎機能低下の可能性を指摘された場合は、まず近隣の内科や泌尿器科へ、健康診断の結果を持って受診されることをおすすめします。検査内容は、尿検査(尿たんぱく、尿沈渣など)や血液検査(尿素窒素〈BUN〉など)、必要であれば、上腹部超音波(エコー)検査などを行うことが一般的です。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

腎機能検査
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。