Question

腹痛と便秘が続く

4カ月ほど前から、へその右側の辺りに痛みが続いています。同じころから便秘気味で下痢も時々あります。一昨年、大腸内視鏡検査では異常なし、昨年の便潜血検査でも異常はありませんでした。消化器内科を受診して超音波(エコー)検査も受けましたが異常なしでした。整腸薬を処方されたものの、効果が感じられません。再度、大腸内視鏡検査を受けるべきなのでしょうか? なお痔があり、最近は悪化して出血がみられることがあります。

男性/60代

2023/10/04

Answer

へその右側辺りの痛みが4カ月続いているとのことで、まずは前回と同じ医療機関を受診し、医師に症状を相談されることがすすめられます。消化器内科を受診されており、大腸内視鏡検査が必要かについても適切に判断いただけると思います。また、便秘や下痢があると痔が悪化しやすい状況にあります。痔のことも相談し、治療の優先順位や対処法についてアドバイスをもらうといいでしょう。

受診までの間、以下のことに留意し、少しでも便秘・下痢を改善されることをおすすめします。


●便秘の予防には、規則的な食事と十分な運動が必要です。腸を動かすには、朝食を抜かないことが大切です。しっかり朝食をとって眠っていた腸を活発に動かしましょう。十分な水分摂取と繊維質の多い食事も便通を整えます。そのほか、ハチミツや水あめの糖質は、便を軟らかくする作用があります。海草、こんにゃく、寒天類には腸に刺激を与え、便通を促してくれます。

●便意を感じたら、すぐにトイレに行きましょう。我慢することは便秘につながります。

●下痢の予防には、食べすぎや飲みすぎなどの不摂生を避けてください。下痢になったら、腸管の安静のために刺激になるもの(香辛料、油脂、アルコールなど)を避け、食物繊維が少なく消化しやすい食材(精米、全粒粉など使用していない精製した小麦を使ったパン、うどん、そうめんなどの炭水化物。イメージとしては白い色の食べ物)を選びます。さらに軟らかく煮る、蒸す、潰すなどの消化しやすい調理法で、早めに腸を休ませるようにしましょう。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

腹痛
便秘
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。