Question

逆流性食道炎は自分で治せる?

胃カメラ検査で逆流性食道炎と診断されました。自分で改善しようと、就寝前3時間はものを食べない、上半身を高くして就寝する、胸やけがするときには消化薬を飲むなどで、ある程度、胸やけへの軽減効果がありました。しかし半月ほど前から、あまり効果がみられなくなりました。やはり、医師にみせないと改善できないものでしょうか?

女性/50代

2023/09/13

Answer

逆流性食道炎は、胃と食道の接合部の食道の筋肉が緩んで、胃酸などの消化液が逆流することによって食道の粘膜がただれ、炎症を起こす病気です。胸やけが典型的な症状で、確定診断には上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)が行われます。治療は、薬物療法(胃酸分泌抑制薬、胃粘膜保護薬、消化管機能改善薬など)と生活習慣の改善が基本です。

軽症の場合、生活習慣の改善だけで治癒することもありますが、中等症以上では、薬物療法が主体になります。胃と食道の接合部が緩むことが要因なので、服薬をやめると再発率が高い病気でもあります。


生活習慣の改善では、胃液が逆流する要因を取り除くことが必要です。具体的には、食べすぎと高脂肪食を控え、胃酸逆流の要因となる肥満を防ぐことです。食生活では以下の点を避けましょう。

●食べすぎ、早食い。

●食後すぐに横になる(食後3時間程度は横にならない)。

●脂肪の多い食事。

●炭酸飲料を多く飲む。

●酒の多量摂取。

●就寝直前に食事をとる。

●酸味の強いもの、激辛のもの、熱すぎるもの、甘いもの。

そのほか、食べたあとに胸やけなどの症状が出る食品があれば、避けるようにします。


また、日常生活では、以下の点に注意します。

●長時間にわたる前屈みの姿勢を避ける。

●禁煙する。

●下着などでおなかを締め付けない。

●肥満の改善。

●過労やストレスを避ける。


ご相談者はいくつかの改善法を試し、ある程度の効果を実感されていたようですが、最近はあまり効果がないと感じているようです。症状に変化があって、医師による診断・薬物治療の必要がある段階にきているのかもしれません。消化器内科を受診して、これまでの経過について説明し、治療開始のタイミングや今後の見通しなどについて、相談されることをおすすめします。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

逆流性食道炎
みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。