Question

卵巣腫瘍の成熟嚢胞性奇形腫の検査や治療法は?

医療機関でCT検査を受けた際、卵巣に1㎝くらいの成熟嚢胞性奇形腫が見つかり、婦人科の受診をすすめられました。成熟嚢胞性奇形腫ではどのような検査や治療するのか教えてください。

女性/30代

2023/07/31

Answer

成熟嚢胞性奇形腫は、比較的頻度の高い卵巣腫瘍の1つです。腫瘍内に歯や毛髪、脂肪などの組織がみられることが多く、腹部のCT検査などで偶然発見されることも珍しくありません。

基本的に良性の腫瘍ですが、くわしい鑑別(良性か悪性か)には、卵巣腫瘍の評価に適したMRI検査をすることが一般的です。そのほか、婦人科では、内診による腹痛の有無、卵巣の硬さや動き、子宮の状態を確認し、超音波(エコー)検査も同時に行います。また必要であれば、腫瘍マーカーなどの血液検査を行います。


卵巣腫瘍のために何らかの症状がある場合や、悪性が疑われる場合、腫瘍が5㎝大以上で茎捻転(卵巣がねじれてしまうこと)の可能性が高い場合、また年齢などによっても治療の方法は異なります。

腫瘍が1㎝大と小さく、数が1つであれば、超音波検査など、からだに負担の少ない方法で、定期的に婦人科で経過をみて、徐々に大きくなる場合などはその時点で検査の追加や、手術が検討される可能性もあります。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

婦人科

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。