Question

C型肝炎が完治したかどうか不安……

10数年前に、C型肝炎に対するインターフェロン治療を行い、その後ウイルスは検出されず、完治したつもりでいます。現在は健康上、特に問題はありませんが、治療から年月が経ち、少し不安があります。職場の定期健診だけで十分でしょうか?

男性/50代

2023/07/27

Answer

C型肝炎は長く経過をみていかなければならない場合が多いため、ご心配もあることとお察しします。医師からは以前、完治と告げられたのでしょうか。C型肝炎治療後の経過の見方として、一般的には、ウイルス排除後も定期検査を受けることが必要とされています。


ウイルスが完全に排除できれば、発がんの危険性は下がるものの、すでに肝臓の線維化が進んでいる場合や、脂肪肝や糖尿病がある場合、高齢者、男性、飲酒習慣のある人などは、治療が成功した後も、しばらくは危険性があるといわれています。定期検査の頻度は、からだの状態によって異なるので、医師の指示を守って経過をみていただくと安心でしょう。


職場の定期健康診断だけでは、検査内容として不十分と思われます。お近くの消化器専門医を受診し、現在の状況の確認と今後の定期検査の必要性や頻度についてご相談されてはいかがでしょうか。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

C型肝炎

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。