Question

抗がん剤治療中の母が食欲低下。相談先は?

母が大腸がんになり、抗がん剤治療中に食事の量が極端に減ってきて心配です。治療を始めてからあまり外出をしたがらず、デイサービスに行くことをすすめても嫌がるため、介護認定は受けていません。今の状況について、どこに相談したらよいでしょうか?

女性/50代

2023/07/04

Answer

抗がん剤治療の内容や、受けている方の年齢、ほかの病気の有無によっても副作用の出方は変わってきますが、一般的に、抗がん剤の副作用による下痢や味覚障害、口内炎などの症状が出ることで食事がしにくくなり、食欲が低下するといわれています。もし、上記のような症状もあるなら、これらの副作用を最小限にできるよう、予防や対症療法について主治医に一度相談してみてはいかがでしょうか。


また、副作用だけでなく、食欲が低下する背景として、病気や治療へのさまざまな不安や心配事が関係していることも多々あります。ご自身でも、具体的にどうしたらよいのか、どうしてほしいのかが明確に考えられない場合もあるので、ご家族としてもどのように支えて声をかければよいか、戸惑う場面もあるのではないでしょうか。そのような相談先として、全国に「がん相談支援センター」があり、患者さんやご家族が無料で相談できます(その病院に通院中でなくても、相談が可能です)。


なお、食事が進まない期間が長くなると、体力の低下など、日常生活の動作が変化してくる可能性が考えられます。今後の生活のことも考慮すると、一度、お住まいの地域の地域包括支援センターや、各自治体の介護保険課へ状況を相談されるのもよいでしょう。介護認定を受けることで、お母様に合った介護(予防)サービスの提供を検討してくださるので、ご家族だけでなく、専門職のサポートを得ることもおすすめします。

回答者

保健同人フロンティアメディカルチーム

本サービスに掲載される情報は、医師および医療専門職等の監修の元、制作しております。監修者一覧および元となる情報はこちらからご参照ください。
この回答はいかがでしたか?

関連するキーワード

親の悩み
食欲減退
介護認定
副作用
治療薬

関連する病気

みんなの家庭の医学 アプリイメージ
アプリでも

みんなの家庭の医学

歩数ゲームやデイリーアドバイス、無料健康相談が利用可能

QRコード

※ご所属先が本サービスを契約いただいている場合のみご利用いただけます。